おまとめローン審査に落ちないようにする

おまとめローン > 審査に通るには

審査に落ちた・・なんて事にならない為には・・


消費者金融において申込み者の審査通過率です。
グレーゾーン金利を廃止する貸金業法案が国会で成立する見通しとなり
各社とも若干審査基準を厳格にしはじめている傾向にあります。

審査が通らない原因は何か?
無職や暴力団、同業者や家出中、会社を無断欠勤している人は審査が通りません。
↑これらに該当しないのに審査が通らない場合には原因が必ずあります。
多い順に並べると以下のようになります。


審査NG理由↓
他社借り入れ件数が許容オーバー これが圧倒的に多い。
つまり、申込みをする金融会社が間違っているということです。

属性が与信0
属性の評価がとても悪く、融資額が0という場合。

審査基準には貸金業規制法にある過剰貸付の防止として、負債比率の基準に使用されています。ローン会社によっては負債比率が多少異なりますが、金融会社では年収の約50%をローンの融資基準においています

2010年まで適用されます、それ以降は総量規制が始まりますので、借り入れが3件以上の方は、勝負しなければいけない時になっています。

年収300万だと、おまとめローン融資額は150万になる

年収の増やし方
収入証明書として、給料明細書・源泉徴収書・確定申告書などで、この中でもっとも年収を増やしやすい収入証明書は、給料明細書を提示すること。
なぜか?⇒ボーナス分を上乗せできるからです。

給料明細書(直近3ヶ月以内)を提出して、ボーナス(夏4冬4で8倍)を貰っているとすると、月収30万の人でも年収は、月収30万×12ヶ月+ボーナス(月収の8倍)で600万円となりますので、限度額300万円まで融資が可能になります。

ブラック(延滞・事故)
無条件でNG。

勤続年数が条件に満たない
3ヶ月未満だと無条件でNG。
6ヶ月未満NGということろも多い。

居住確認
在宅確認取れず 運転免許ナシ、自宅電話ナシ、住宅地図表記ナシだとかなり厳しい。

申込みブラック
ブラックにならない申込のコツはこちら
各金融会社の信用情報機関


職業が社内規定NG
消費者金融によっては特定の職業をNGとしているケースがあります。

自宅電話・携帯電話が料金未納で止まってる
まずNG。

最も多いのは他社借り入れ件数が許容オーバー
消費者金融は各々の事情・競争があるため、他社借り入れの許容件数に関する情報が極端に少ないのです。
よってよくわからないまま自分の現在の状況にそぐわない業者に申込みをしてしまい審査がNGとなります。

審査が通らなかった人が、
ふたたび他社借り入れ許容件数の合わない消費者金融に申込みをして
審査NGを繰り返し、短期間に3社以上の申込みとなって
申込みブラック の扱いを受けてしまうという悪循環がよくおこります。

ブラックにならない申込のコツはこちら