おまとめローン 一本化 ソムリエ おまとめローンのコツ

広告ティッシュ編

 Information
借入件数が4件以下 借入件数が5件以上 借りる会社の順番
オススメのローン会社
モビット オリックス銀行 楽天クレジット

なぜティッシュを配るようになったのか?


路上配布のポケットティッシュ、何かと、ありがたい存在アイテム。
紙が必要な時は大変重宝するし、ラーメン屋さんのテッシュとして置いてあったりもする。
今や生活の一部として君臨している。

どこも「うちが最初に始めました」と言い張りますので、今となっては調べようがないことですが
1社がはじめて効果がわかると、負けじと各社がはじめたのだと思います。
この業界たるゆえんです。

なぜティッシュなのかといいますと
以前はチラシやマッチを配っていた時代がございましたが
ティッシュならば男女問わず必要なものですのでたいていの人が受け取ります。

また裏の台紙の大きさも7・3×10・4センチと大きいので金融に対するたくさんの情報を記載することができるという利点とティッシュの1個あたりの単価が7円(始めた頃)、現在は5円といった具合に康価だったという理由が採用された理由の一つだそうです。

実はこのティッシュ配りこそがこの業界を支えた作戦でありました。

1970年代の後半から色々な規制が入り新聞・テレビ・ラジオというマスメディアからいっさいの広告を受け付けられなくなり、また資金調達面でも今まで融資していた生命保険会社・外資系銀行が当時の政府の方針等にもより融資を引き揚げてしまい、今や大手のプロミスでさえも当時倒産の危機に直面しました。

そんな逆風の中で金融業界の存在を告知するためにも考えだされたのがこのティシュ作戦。やがて大手は株式上場を果たし、テレビCMも解禁になり知名度がアップしていきました。


ちなみに
アコムのかつてのCM「ラララ〜 むじんくん」の宇宙人キャラの一人はセイン・カミュ。
彼は不朽の名作「異邦人」を書いたフランスの小説家、アルベール・カミュの孫である。




(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報