おまとめローン 一本化 ソムリエ おまとめローンのコツ

今借りてるローンの利息が下がる

借入が4件以下 借入が5件以上 借りる順番
オススメのローン会社

こんなことが可能なのか?と疑いがちになってしまうが
少しでも楽に返済をしたいと思うのは当然の事である。


不動産や証券担保ローンで、金利・利息を下げてみる
例えば不動産担保ローンは、9%以下の金利になるので、現在の平均金利が20%以上あれば、年間の支払利息が110万円から50万円以下になり、毎月元本の返済が5万円増やすことができます。

このカードローン低金利のサイトに不動産担保に関する評価基準が記載しています

またタンスの奥に証券をお持ちであれば証券を担保に金利を下げてみる


保証人が必要な場合は
連帯保証人を紹介してもらう >>>


ノーローンで、金利・利息を下げてみる
ノーローン からの融資七日間は全く利息がかからず、七日目のノーローンへの返済の為、他社からの借り入れにのみ(一日分)利息を返済します。8日間で1日分の利息のみを返済、利息を8分の1に圧縮します。

シンキ株式会社の会社概要はこちら >>>

ノーローンで融資された50万を他社に返済( ノーローンから借りた50万は一週間無利息)
                
八日目からノーローンの利息が発生するので、七日目に他社から50万を借り、ノーローンに返済
                
翌日ノーローンより再び借り入れる
                
ノーローンから融資された50万を他社に返済(ノーローンから借りた50万は一週間無利息)
                
八日目からノーローンの利息が発生するので、七日目に他社から50万を借り、ノーローンに返済
                
翌日ノーローンより再び借り入れる...(以後この方法を繰り返し)



例 ノーローンで50万円融資の場合
年利28% 140,000円の利息が → 3.5% 17,500円の利息になる
金額 122,500円のプラス

年利15% 75,000円の利息が → 1.8% 9,375円の利息になる
金額 65,625円のプラス

年利 8% 40,000円の利息が → 1.0% 5,000円の利息になる
金額 35,000円のプラス

ノーローン 一口メモ
【金利減少技1】
完済すれば翌日以後初回借り入れが1週間無利息という特徴を利用。
他社カードローンから一日借りる⇒ゼロから始める、ノーローンから7日借りる⇒ループでカードローンの金利を8/1にする技。約7000人の方がこの手法を利用している

【金利減少技2】
振り込みキャッシングを利用し、減少技1と新生銀行の振込み無料を融合させた技。現金を触らずに済み、盗難リスクの軽減をはかる。また、ATMに出向く手間を省く。

【金利減少技3】
セブンイレブンを利用し、減少技1とコンビニの便利さを融合させた技。


現実的な方法 ダラダラ利息払い。
元金を返済せず、ダラダラ利息分だけ払う方法。
トータルすると損だが支払いは先延ばしできる。金融の決めた毎月の最低支払い金額は利息と元金に充当される。

例えばプロミスで50万借りている場合、
毎月15000円の支払い

利息に充当される分が13125円
残りの1875円が元金返済分となる。

3日支払いが遅れた場合

遅延利息1200円が発生。
利息総額は14325円
残り675円が元金返済分となる。


上記の数字を見てもわかるように
金融という商売は元金を返済してほしくないのである。

契約書に最低入金額を記載しているのは
監督庁から「最低入金額は利息以上の金額で、完済日を必ず設定しろ」と
指導があるからにすぎない。

契約書に「毎月、約定金額の支払いがなければ、一括請求致します」
と記載しているが、そういったケースはまずない。
さらに手持ち金が利息以下の場合でも「利息の一部入金」という方法がある。

アイフルやレイクなどのCMでもそうだが、
「支払日に5000円だけ入金して、残りは給料日に」
と電話をいれておけば可能でしかも遅延利息もないケースもある。

よって

店舗に出向くなり、電話などでその旨を伝えれば済む方法である。

ここまでの説明は困難を先送りにしているだけであり、解決案にはならない。
前述で言っている通り金融は元金は返済されたくない。
利息だけほしい


この心理を逆手にとって
「完済をちらつかせ」て利息をさげる方法
金融利用者ならわかると思うが、完済を申告した際の店員の変貌は知っているはず。

「利息を下げますんで他社を完済してください」
「お願いですから残高を少しでも残してくれませんか?」
とあの手この手で説得するはずである。

なぜなら

貸し倒れは損金として計上できるが、完済は利息収入の減少になるからだ

たとえ手元に完済できるお金がなくても 電話なりメールなり

こう言ってみよう
「他社が安い金利で貸してくれたから、完済しようと思う」
「今借り入れしている会社でお宅が一番利息が高いので完済したい」


ほとんどの会社はこう言うはず
「他社よりも利息を下げるから、当社を利用してほしい」
それに加えてなんと!!優良顧客であればさらに増枠のおまけつき。

実際に
「電話一本で10%利息が下がった」
「利息が下がった上に、限度額が広がって一本化できた」
などの例は珍しくないのである。

重要ポイントだが

限度額が10〜40万の客は、上限利息から動かせないという規定の会社が多い

よって

限度額が50万円以上ある会社に「完済する」と伝えること。


何度も再チャレンジしても本当にどうしてもうまくいかないという方へ その2>>>



融資率が高く負担少なく借金返済のプラン

おまとめローン 低金利